「お母さんに文句言ってやろう」と思ってかけた電話から人生は変わった

人はすぐに
嘘をつく。
嘘っていうのは
幸せそうなフリ
大丈夫なフリ
楽しそうなフリ
満たされてるフリ
うまくいってるフリ
愛されてるフリ
だね〜〜〜
フリをしてる時は大抵頑張っている。
それで、帰りの車の中ですぐに
みーちゃんに言ったの。
みーちゃん、私
サロン辞める。
って。
☆☆
廃業も含めて、結婚生活まで
何度も何度も経験したけど
ほんとに
始めることよりも
辞めることの方が遥かに難しい。
やりたくないことを辞める。
体裁でやってることを辞める。
別に普通にやってることを辞める。
まぁまぁ楽しくやってることを辞める。
わざわざ支障のないことを
わざわざ辞める。
そこで間違いやすいのが、
辞めるための言い訳に
何かを始めること。
「好きな人できたから別れよう」
「起業するので退職します」
「もっとやりたいことが出来たので」
何かを始めることは、素晴らしいことのようでいて
その発生源がどこなのかによっては
ただの自己犠牲・自己否定の上塗りなだけ。
鏡に映った自分の寝癖を治そうとしているようなもの。
一見、
行動をとって
しっかり対策してるようで
(これがウソの安心)
寝癖は一生治らないw
ずっとエラーw
ずっと寝癖
ずっとウソ。
ずっと鏡の寝癖を治そうとし続けていると
もう、そんなウソにすら気づけなくなる。
「辞めれない」のは
自己信頼が低いから。
そういう時、人は
もれなく失敗出来ない。
もれなく辞めれない。
そして、
誰でも自己信頼が高い時と、低い時がある。
だからこそ
感度を高めることで
自分の状態に気づきやすくなるんだよ
心に基地を持つんだよ
「心の基地はお母さん」っていう育児書があって
とても参考にしてました。
心の中に、「お母さん」という基地がある子供は
活き活きと生きていける。
ような内容だったかな・・?
もう13年も前に読んでた本だから曖昧やけど。。
それで、その頃の私は自分が大嫌いでw
子供には、私のようになってもらいたくなくて必死で育児をしてました。
(もれなく育児は辛かったw
私がこんなに自己否定感が強くて生きづらいのは
お母さんの育て方が悪かったからだ!
お母さんがありのままの私を受け入れてくれなかったからだ!!
愛してくれなかったからだ!!!
って
本気で思っていた滝汗
それで、
お母さんなんかに頼らず、生きて行く!!
と、
なんか必死で
孫に会いたがったり、世話を焼きたがるお母さんがウザくて
よく喧嘩してたな〜〜。
(親子の縁を切る!って言われたり、、w)
その日、
私は、仕事のこと、仕事仲間のこと
夫婦関係のこと
いろんなことが押し寄せていて
どうしたらいいかわからなかった。
いつもみたいにアトリエになっていた部屋で、生地を裁断しながら
ふいに、めっちゃ腹が立ってきて
このままじゃいけない。
親子関係に向き合わなければ
という想いが込み上げてきて、
即、お母さんに電話をかけたのね。
文句言おうと思ってw
あなたが言った言葉で、私がどれだけ傷ついたか!
お母さんに文句言ってやるっむかっ
と思ってかけた電話の第一声で
なぜか
なぜか、、、
お母さん
今までありがとう
と出てきたのです。
そしたら涙が止まらなくなって
私は今までずっと、全ての問題をお母さんのせいにしてた。
でもそれは全部自分のことだった。
今までお母さんのせいにさせてくれてたことがわかった。
って
泣きながら電話したのでした。
お母さんは
自分の中に還る場所を見つけたんだね。
と言ってくれました。
人生は、たくさんのことが起こるし
困難が起きることもあるけど
自分の中に還る場所があれば大丈夫。
その日から、
心の中に、ちゃんと基地が出来たように思います。
その後も、離婚したり
独立しようとしたり
色んなことがあったけど、
やっぱり「親」は私という命の土壌なんだと思う。
もし、
あなたが今、現実を困難に感じていたら
その問題に直接介入することばかりしないで(ウソの安心)
自分の親子関係を
見直してみるのもオススメですよひらめき電球
そうしたら、
なんかもう
勝手にうまくいくから
うまくいくようにしか
ならなくなるからね
サロン辞めるわー
って言ったら、みーちゃん嬉しそうやった
ともえさんには、もっと授業してて欲しいんです!だって、めっちゃ楽しそうだから
と、言ってくれたのね。
そう、わたし
PCM(実用心理学)、めっちゃ好き
なんです。
私にとって、PCMは遊びだから
心理療法というと
真面目で堅苦しくてつまらなそうだし
私には関係ないことときっと思われるんだけど
わたしは
みんなに必要だ!
やっぱり思ってる。
だって
PCMは、心に基地を創る学び
つまらない大人にならないように
自由に創造的に生きていくために
失敗した時の方法を教えてます
成功哲学じゃないんよ、
失敗哲学だよ
昨日の授業で出来上がった新キャッチコピーは
PCMは心の保険
どんどん失敗してね
その先で、失敗などなかったと知ればいい。
その先に行かなければ
そんなことは分かり得ないのだから
「今」理解しようとしなくていいの
どんどん進んでいこう!
人生を面白くしよう!
そのために心理療法を「使って」欲しいんだよね
そして、それはいつか文化になればいいな
心の教養
リベラルアーツ
今年は、もっともっと
心のことを発信していきます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です