なんでも「愛」症候群になっていませんか?

=メルマガ過去配信より=

 

人生をきゅん♡とさせる企画室
LifeTime Respect
みやおかともえです。

お久しぶりの配信になりました。

世の中は三連休ですね^^

みなさん、いかがお過ごしですか?

私は、今日は

末っ子の幼稚園の運動会に出席してました〜。

保護者リレーに選手として参加しましたが、

あんね、

たぶん、

魂って目から抜けていくんと違うやろか?w

全力疾走のあと

めっちゃ体感しました。

「目が死んでる・・」

とか言うもんね(笑)

それは、どうでもいいのですがw

FBでも投稿した
小学校一年生の娘の作品を

シェアします。

 

 

メガネをかけたら、かわいくなる。
ほんとにそうなったらいいな。

わたしもメガネをかけてるよ。
4さいのときから、メガネをかけてるよ。
おまつりのとき、はなびがみえにくくて、ママが
「きれい」
っていったとき、わたしは
「えー、どこ。」
っていったよ。ママが、
「みえないの?」
と、びっくりしたこえでいって、
「うん。」
といったら、めいしゃさんにいったよ。そしたら
「めがわるくなってるから、めがねをかけましょう。」
ていわれたよ。わたしもめがねやさんにいくの、
「いやだ。」
っていったんだよ。でも、かわないといけないから、めがねはじぶんでえらんできめたよ。
フレームがピンクのにしたよ。
 
かけてみたら、にあってなかったよ。でも、よくみえたから
かけることにしたよ。
一ねんせいになるまえに、しょうがっこうにいくときは、めがねをかけていかなかったよ。
「はずかしいから、めがねかけんでいい」
と、ママにいっておいていったよ。
まえのひに、
「しょうがっこうってめがねかけてるひと、おるんかな。」
って、おにいちゃんにきいたら
「めがねかけてるひと、いないよ。」
っていったから、わたしは、がっかりして、
めがねをかけていきたくなかったんだよ。
にゅうがくしきのときは、めがねかけていかないといけないから、ドキドキしたけど、だれも、めがねのことをいわなかったから、だいじょうぶとおもってうれしかったよ。

もっと、うれしいことがあったよ。
9がつにめいしゃさんにいったら、
「めがよくなってる。」
っていわれたよ。

やったね!

☆☆

娘は、生まれつき目が悪くて
めがねをかけてます^^

この作文を読んで、
感動したの〜

めがねがコンプレックスだったのね^^

小学校に行きだしてから、
「ママはかわいいけど、わたしはかわいくない」って
よく言ってたの。

わたし、それをやめさせようとは思わなくて、
ただ見守ってました。

人生には、
こういう「逆境(レジリエンス)」に立ち向かうことが
必要なときがあるって思うから。

子供も大人も変わらない。

「めがね」が他のものに変わるだけ。

駄々っ子みたいに、うずくまって動かない人も多いのに、

彼女は、かっこいいなって思います。

「頑張らない」
「きゅん♡で生きる」

取り違えてる人が多いけれど、

自己否定をする力。
レジリエンスは人生を飛躍的に豊かにすると思います。

自己否定をする娘を

慰めることだけが愛ではないと思うのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です