一目惚れされました

 

実は最近、一目惚れされました。

彼は「ベーチェット病」という難病を抱えているらしい。

そのうち、失明するそうだ。

だから

「一目惚れ」なんて

今しか出来ないことなんだ。

(、、いや、本当にそうなのかな?)

恋愛について、最近とてもよく立ち止まって考える。

あなたは、恋人の顔が

交通事故でぐちゃぐちゃになったとしたら
好きじゃなくなる?

「顔の好み」なんて

そんなもん。
チープな恋愛だ。

「思った通りの人じゃなかったから」と
別れが来るような恋なんてしたくないんだよね。
勝手に期待され、勝手に失望される。
めんどくせ。

冷める(醒める)のは、相手にじゃなく
自分の世界に、だ。

自分に幻滅してるだけじゃない?

それに気付かないうちは、いつまでも夢の中。

眠っているんだよ。マインドが。
ガチョウは外だ。

彼とのやりとりの中で

「最期に見たい景色はなんですか?」
と出てきて、数日考えてました。

私、

見たいのは

子供の顔、でも
パートナーの顔、でも

ないんだよね。

私は、自分の顔が見たい。

それは相変わらず「見えないもの」
だけど、愛しい人に贈るもの。

みんなさ、

自分の見てるものが世の中に存在してると思ってるけど
違うよね。

相手の世界にあるのは

相手が見てるもの。

(私、自分の顔をよく忘れるんだけどw)
(みんなはどうなんだろう。?)

鏡がこの世から消えたら
「私」も消えるのか?

そうじゃないみたいに

目の前に確認できないからって
居ないわけじゃない。

人を好きになるって
色んなことを学べるね。

会えない人を好きでいるって
楽しいな〜って思います✧

愛してるってなんだろうな。

少なからず、
相手に影響を与えたい!という欲が出るけど

・会いたいと思われたい、とか
・可愛いと思われたい、とか
・優先順位を上げて欲しい、とか

もっと貪欲なのは

「気付かれたくない」だな。

こんなに愛してると、気付かれたくない。

魚は水には、気づかない。

注ぐように愛してみたい。

それって、【ウザい・重い】とは
別次元なんよね。

親の愛と似てるよね。

自由に泳いでね。愛してるよ。